rolland®公 式ホームページはこちら
Img_26138e009f27647cd67df242641ba3ad
国立新美術館で、クリスチャン・ボルタンスキーの展示を見てきました。

『Lifetime』というテーマのインスタレーション。
ダークではあるけれど、おもしろい深い展示でした。


(斉藤 奈津子)
Img_91a82c5440979281ac229f72e056d496
Img_abf52a807b7b0e611b2889f2c80b5cd2
Img_2bda3640861f294f5c37f4de94432eef
こんにちは!アシスタントの岡田です。

六本木の森美術館にて開催中の、 ベルリン在住の美術家、塩田千春さんによる “ 魂がふるえる ” という展示を観に行きました。

赤や黒の糸が織りなす異空間は、圧巻の一言で、本当に身体が震えるような、ぞくぞくするような、終始そんな感覚でした!

10月27日まで開催されております。ぜひ、おすすめです。
Img_43c07395eaff8fd3156e489fa28dc9cf
Img_3b365fe9cc3e0823867538d3bffababb
Img_64afee6287ae927f0d7ae40110ddadcf
banryoku こと 中村万緑子さんの展示イベントを見に、
homspun stripe roomへ。
はじめての陶器の作品展だそうです。

もう、本当に素敵な作品でした!異次元空間。


「banryoku ceramic exhibition
Beginner’s Lack」
会期:2019年6月22日(土)~6月30日(日)11:00-19:00

会場:homspun stripe room (homspun shop 横)
渋谷区富ヶ谷1-19-7 1F

おすすめです!

(真浦夏恵)
Img_a8c0966bd79ce0e588f59936ebe95fbf
Img_e2f5c3e420366d164d80c7ec9e989545
Img_4d57936bd53ad528658340848f47780d
学芸大学のBOOK AND SONSにつ横浪修さんの展示を見てきました。
1階から3階までと作品数の多い贅沢な展示でした。
2〜3歳の子供達を同じスタイルで撮影されたそうです。
取繕われない、ありのままの子供達の姿がみんな違って楽しかったです。

6月23日(日)までです!
(田代美菜)


ゴダールの新しい映画『イメージの本』を観てきました。
映像や写真、音を繋ぎ合わせたコラージュ作品。
ゴダール自身のナレーション。
色々なメッセージが含まれていて、
最後、“希望は生きている”とゴダールの言葉。

私はとても好きな作品でした。


(斉藤 奈津子)
Img_cc42d1192378db2e4eb8f255f68a42da
東京都美術館に
クリムト展を観に行ってきました。

初めてのクリムト。
ゴールドの装飾や、
繊細な表情の女性たち。

とても美しかったです。

実は日本美術に影響を受けているということを知り、
興味深かったです。

次は、
エゴンシーレも合わせて観れる、
国立新美術館の展覧会もいこうと思っています。


(斉藤 奈津子)






映画「マックイーン:モードの反逆児」

とっても良かったです‼︎勢いと美しさと苦しさと、虚しさ、色んな要素がぎっしりです。


特に1999年春夏コレクションが心に残っています。



映画おすすめです!

(真浦夏恵)


映画『 ビール・ストリートの恋人たち 』の試写へ
行ってきました。

70年代、NYのハーレムが舞台。

美しい映像とともに、
主人公のふたりの純粋さに
まず惹き込まれました。

一方で描かれている差別社会、
ふたりの未来のために必死な家族の姿、
現代もまだ続くであろう深い闇が
つらく、とても考えさせられる映画でした。
Img_525bea5d6809c9769db105a65460b52b
(公式HPから引用しました)
当時のファッションやヘアメイク、
街の空気感や、家族の過ごすお家など、
映像と音楽がとても素敵でした。

22日から公開です!ぜひご覧ください。


(斉藤 奈津子)