rolland®公 式ホームページはこちら
Img_680e6b6cb19ec4ca22510850fdbf9da5
Img_0a2ea6339f20f7004e3f126215151d93
ムンク展を観に
上野にある東京都美術館へ。

久々の上野公園、
天気がよくて気持ちよかったです。

あの有名なムンクの《 叫び 》。
実際に生で鑑賞でき、感動。
絵の凄みを感じました。
Img_94eae209b0114f569b060091cca9e0bc
Img_c540442dff0dd029052054ef13333c5a
《 叫び 》以外の作品も素晴らしく、
中でも、版画の作品がとても好きでした。
色合いが絶妙で、
描いている題材ひとつひとつも
すてきでした。
Img_2cd7c57c4a2e4057e5f7667a92179e41
ミュージアムショップも楽しくて、
ムンクの叫びのスノードーム、
買ってしまいました、。


(斉藤 奈津子)


「ボヘミアンラプソディー」観て来ました。

評判どうり最高でした‼︎

(真浦夏恵)
Img_0b29253ccd3fae7a44c1138e4f2b80b5
Img_e9e90a291375b0951a90d821d9dedc4c
Img_2ed856e601a844a538570357f018e380
銀座、森岡書店にて。

白石和弘さん初の写真集の販売と
写真展『また、あうものたち』へ行ってきました。

白石氏の所有する古い物たちが、光と影で独自の佇まいに。

とっても素敵でした!

銀座、森岡書店にて11/25(日)まで。

(真浦夏恵)
Img_3bb1fad31ba6e185aab1064cdc300bd0
こんにちは!アシスタントの岡田です。

先日渋谷アップリンクにて、“ 顔たちところどころ ”という映画を観てきました。

フランス映画界の名匠、アニエス・ヴァルダと、写真家、若手アートアーティストのJRが共同監督を務めたロードムービースタイルのドキュメンタリー映画です。

88歳の映画監督ヴァルダと、34歳のアーティストJRの、親子ほども年の離れた2人がフランスの田舎をトラックで巡りながら、様々な街の人々と接し、アート作品を共に作り、残していく、そんな旅の様子を記録したものです。

自由気ままに、だけれども真剣に、新たな発想の作品を生み出す。そしてその作品を通じて人々を驚かせ、笑顔にする。そんな2人の姿が生き生きとしていてとても素敵だなと思いました!


※渋谷アップリンクにて、今月末まで上映されています。
Img_7e4ac36671bf8a0b6145f402a9930fac
Img_26a96a062565e402fe4841ac354c1aab
Img_0f0b715de1a0cd8c28adf392b2eab349
大ファンな画家、平松モモコさんの個展が、
nidi galleryにて開催中です。

ご存知の方も多いかも知れませんが、モモコさんの絵は不思議な浮遊感があって、ウキウキ、運気があがりそうな、そんな絵です。

渋谷、ニーディギャラリーにて18日(日)まで。
可愛すぎるグッズも沢山。
キールからも近くておすすめですよ!

(真浦夏恵)
Img_a9cd6f679d68d99e9bdeb7337bfc87ac
Img_21831f3e0f7dd220d6ceabe6027f5827
Img_ad5dfbc6a77c61f339525535000dcd79
Img_f495adfc19e847a40a1fa6d9d9e210b7
滋賀県にある"ミホミュージアム"

山奥の広々とした土地にひっそりとあります。

どこを切り取っても絵になるシンメトリーの強い空間の建物は、ルーブル美術館ガラスのピラミッドで知られるI.M.ペイによって設計されたそうです。
山の上だからでしょうか、一足お先に紅葉もみれました!

おやすみありがとうございました。本日より元気に出勤しております*
(田代美菜)
Img_70bb82cc7a58dd44b73ff98cd04c003e
ドラマ「カルテット」などを手掛ける脚本家・坂元裕二さんの本。錚々たる方々との対談など、とても興味深い内容でした!最近再放送していた「東京ラブストーリー」も坂元さんの脚本でした。

キールに置いてありますので、気になる方はぜひご覧ください○


(斉藤 奈津子)
Img_a86f08e257ce0674a3cd13321d01f731
Img_920c47f8f721c8f2171856d914fab3ac
40年前の東京新聞に連載された瀬戸内寂の歴史小説『幻花』の挿絵を横尾忠則さんが手がけておりその原画が銀座グラフィックギャラリーで初の東京展示をしております。

横尾忠則さんのカラフルなイメージとは真逆のモノトーンの原画。
繊細で、シュール、少し奇妙な雰囲気がとても素敵でした。

10月20日まで開催です。
(田代美菜)